完全予約制

お電話でのご予約・お問い合わせ

052-753-9515

プロフィール

整体院リジェネ~REGENE~ 院長
湊谷 洋幹(みなとや ひろき)

1986年生まれ。愛知県名古屋市名東区出身。現在、妻と二人で尾張旭市に居住。

経歴

愛知高等高校(卒)
米田柔整専門学校(卒)
市野接骨院(就)
天寿堂治療院(就)
けんえい治療院(就)
整体院リジェネ~REGENE~開業

湊谷 洋幹(みなとや ひろき)先生

取得免許

・柔道整復師免許
・普現流空手道初段

実績

受講済みのセミナー
島崎広彦氏(オフィスシマザキ)
中田研二 D.C(ナカタカイロ)
丸山直樹氏(アチーブメント株式会社)

以上3人の講師陣から編成された1年制のセミナー
「上部頸椎カイロプラクティックアカデミー」


・千葉大学医学部解剖実習
・吉田美和D.C(南カリフォルニア健康科学大学 外来クリニック)
産前・産後のケアセミナー「アメリカンスタイル・トリートメント」

継続受講中のセミナー
・保井 志之 D.C(ファミリーカイロプラクティック)
ANJ主催セミナー「アクティベータメソッド」
心身条件反射療法研究会主催セミナー「ニューロパターンセラピー」

治療家への道のり

”母への想い” 私の母は生まれつき股関節が悪く(先天性股関節脱臼)、私が幼少期のころから少し足を少し引きずっていました。しかし、そんなことをまったく気にさせないほど明るく人に振る舞うような母でした。

幼いながらも、そんな母の姿に感心し、そして「いつか自分が治してあげたい」という想いがありました。

”ケガとの闘い” 野球と空手に励んでいた中学一年生。私はオスグット病という成長期にみられる膝のケガをしました。

「このまま野球と空手をどちらも続ければ、さらに悪化していく」

整形のドクターにそう告げられるも、諦めることができなかった私はどちらも継続することを選びました。しかしドクターの言う通り悪化が進み、正座をすることも困難になってしまい、両立を諦めざるを得ない状態になり、野球を断念することに。

その悔しさは今でも忘れることはありません。

”人生の転機” 高校三年生、私は進路の選択に迷っていました。

「自分が本当にしたいことは何か?」

そんな迷いのなかで、当時よく世話をしてくれていた生活指導の先生が声をかけてくれました。

「お前は柔道整復師になれ。きっと良い先生になるぞ。」

そう言われたことで、私は初めて聞く柔道整復師という職業に興味が湧きました。調べてみると、「柔道整復師とは主に外傷などのケガを処置する職業」ということがわかりました。
そして職に就くためには、専門の学校を卒業して国家資格を取る必要があることを知りました。

中学の頃、膝のケガで悔しい思いをした私は「同じように困っている人の役に立ちたい」という想いに至り、柔道整復師を目指す決意をしました。

”茨の道” 専門学校に入学して、1年目はひたすら基礎医学の勉強をします。2年目からは実技や臨床も上乗せになり、講義時間や勉強量も増えていきます。妻と出会い同棲を始めたのもこの頃です。

「必要なお金を稼ぎながら、無事に専門学校を卒業して国家試験を合格する」

これが当時の私の最大のミッションでした。

それは家賃に生活費、学費を稼ぐために働きながら、膨大に増えていく勉強量をこなすというまさに茨の道を突き進むような生活でした。

妻の支えもあり、なんとか無事に学校卒業と試験合格を果たした私はこの生活で医療知識や技術のほかに「人間、やってやれないことはない」という大切なことを学ぶことができました。

”カイロプラクティックとの出会い” 就職先を決めるために見学に行った接骨院の院長の施術で、不調を抱える患者さんが魔法のように良くなる光景に一目惚れし弟子入り志願。

そして、その時に見た施術がカイロプラクティックだと知り、私は一気にカイロプラクティックの虜になりました。

しかし弟子入り生活は決して甘いものではなく、カイロプラクティックを学ばさせてもらえるまでの道のりがとてつもなく遠く感じてしまい敢えなく断念することになりました。
とにかく早くカイロプラクティックを学び実践していきたかった私は、退職して自らでセミナーを受講し学んでいくことを選びました。

今振り返ると、院長のそばでカイロプラクティックを見て学べる環境がどれだけ恵まれていたのかがよくわかります。

”アクティベータメソッド” ずいぶん遠回りをしてきましたが、自分の歩んできた道に後悔はありません。

それは「自らが考えて選択し、実行して、時に失敗し、行き詰まり、悩み苦しみ、また答えを探す」という過程を何度も繰り返したからこそ、自分の行うカイロプラクティックに信頼がおけるのだと感じているからです。

そして私が今現在、メインとしているアクティベータメソッドというカイロプラクティックはこうした試行錯誤を繰り返して辿り着いた技術です。

アクティベータメソッドは間違いなく私の治療家としての方向性を大きく変え、施術のスタイルや健康への考え方などの基盤となりました。

”恩返し” 土台は出来上がりました。
これも約10年に渡り治療院に勤め、多くの方々に育てられたおかげです。

時に辛いことがあっても挫けずにいれたのも、私を頼ってくれる方の笑顔があったからこそ、ここまで来れました。

そんな、かけがえないのない存在である一人一人のお顔を思い浮かべると、これから先も足を止めるわけにはいきません。

今までの経験を生かし、全力で前に進み続けるということが私に出来る最大の恩返しです。

これから、この土台の上にさらなる知識や技術、考え方を積み重ね、ありとあらゆるお悩みに対して向き合える整体院を築き上げていきます。

私に関わる全ての方が笑顔なるまで、その進化は止まりません。

最後までお読み頂きありがとうございました。